【弁理士 独学】なんちゃってR&D研究員の弁理士試験独学ブログ

20代会社員です。R&D部門のなんちゃって(?)研究員。2010年4月より弁理士試験に挑戦するため独学で勉強を開始しました。

スポンサーサイト




LECの通信講座



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくれたらうれしいです^^;   にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今週の「週刊ダイヤモンド」の特集は、仕事&資格大図鑑でした




LECの通信講座





今週の「週刊ダイヤモンド」を読みました。

特集は、「仕事&資格大図鑑」

最近は資格をとっても仕事ないという状況が普通のようです。

とくに公認会計士は深刻らしく、せっかく合格しても就職できない・・・という悲惨な状況らしいですね。

弁護士でさえ、大変らしい・・・・。

せっかく、超難関の司法試験を受かっても仕事ない・・・なんてひどい世の中だなぁ。

はたして弁理士はどうなのでしょうか。

弁護士でさえ仕事がないなら、弁理士は・・・という感じなんでしょうか。

大学にいたころ、研究職のポストなんか殆どない・・・といわれ、弁理士をとったとしても仕事なんかほとんどない・・・って言われたら、僕たちは何をして生きていけばいいのでしょう・・・。


・・・まぁ、いざとなったら、何をやっても食べてはいけるのかな。

それにしても、夢が描きにくい寒い時代ですよね。



ところで、「週刊ダイヤモンド」には、弁理士の典型パターンとして以下のように説明されていました。
国立理系大学院卒で大手メーカーの研究所勤務中に3~5年をかけて資格取得し、特許事務所に転職して仕事を覚え、もう若いとはいえない歳になって独立開業を試みる、というのが典型パターン

↑これを読むと、やっぱり 研究員 → 弁理士 というキャリアパターンは普通なかんじなんですね。

そして、企業 → 特許事務所への転職 というパターンもあり得るっぽいのですね。

そういう進路も可能性としてはありえるのかと思うと、ちょっと気が楽になりました。

もちろん、そんなに簡単じゃないのは分かっていますけど。

とりあえず、試験勉強と現在のお仕事をがんばります・・・。


  

LECの書籍が最大10%OFF!






↑期間限定のキャンペーンを実施中らしいです





ボニック 口コミ


↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくれたらうれしいです^^;   にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2



スポンサーサイト
[ 2010/11/22 00:25 ] 今後のキャリアなど | TB(0) | CM(0)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

さぼてん

Author:さぼてん
20代会社員。
一応、R&D部門で働くなんちゃって(?)研究員です。

2010年4月より弁理士試験に挑戦するべく勉強を開始しました。

同じく弁理士試験の受験生の方、弁理士の方と気軽にコミュニケーションをとれたら良いなと思います。

リンクフリーです。
相互リンク、コメント大歓迎です^^

おすすめ
拍手ランキング
アクセスランキング


アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。