【弁理士 独学】なんちゃってR&D研究員の弁理士試験独学ブログ

20代会社員です。R&D部門のなんちゃって(?)研究員。2010年4月より弁理士試験に挑戦するため独学で勉強を開始しました。

スポンサーサイト




LECの通信講座



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくれたらうれしいです^^;   にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不正競争防止法2条1項3号の沿革についての個人的メモ




LECの通信講座



今日は台風がすごいですね。

奥さん、ちゃんと帰ってこれるかどうか心配です・・・^^;;


昨日から、不正競争防止法の勉強に入っています。

個人的メモです。
(間違えている可能性があります)

不正競争防止法 2条1項3号 商品形態模倣行為の禁止
三  他人の商品の形態(当該商品の機能を確保するために不可欠な形態を除く。)を模倣した商品を譲渡し、貸し渡し、譲渡若しくは貸渡しのために展示し、輸出し、又は輸入する行為


他人の商品の形態を模倣することを禁止するということだが、類似の範囲も入るのか?

→ 入らない。なぜなら、もしも類似の範囲も入るとすると、意匠法の存在意義が没却してしまう可能性があるので。

→ しかし、同一のものだけとすると保護の範囲が狭すぎるため、裁判所は “同一性”という考え方を示した。

→ 法改正により、2条5号に「模倣する」ことの定義を示し、実質的に同一なものに関しても保護することになった。

5  この法律において「模倣する」とは、他人の商品の形態に依拠して、これと実質的に同一の形態の商品を作り出すことをいう。


→ 「他人の商品の形態に依拠して」ということから、もしも独自に、たまたま同じものを創作した場合には、不正競争にはあたらないとした。そういう意味においては、著作権などの“相対的独占権”と似ている。ただし、実質的には、後発商品の創作者が「モノマネでない」ことを証明するのは難しい。



ルンバ 口コミ

↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくれたらうれしいです^^;   にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2



[ 2010/10/30 19:28 ] 不正競争防止法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

さぼてん

Author:さぼてん
20代会社員。
一応、R&D部門で働くなんちゃって(?)研究員です。

2010年4月より弁理士試験に挑戦するべく勉強を開始しました。

同じく弁理士試験の受験生の方、弁理士の方と気軽にコミュニケーションをとれたら良いなと思います。

リンクフリーです。
相互リンク、コメント大歓迎です^^

おすすめ
拍手ランキング
アクセスランキング


アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。