【弁理士 独学】なんちゃってR&D研究員の弁理士試験独学ブログ

20代会社員です。R&D部門のなんちゃって(?)研究員。2010年4月より弁理士試験に挑戦するため独学で勉強を開始しました。

スポンサーサイト




LECの通信講座



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくれたらうれしいです^^;   にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近、勉強していません。なぜなら・・・




LECの通信講座



最近、勉強していません。

なぜなら、時間がないとうこともあるのですが、ちょっとモチベーションが下がりつつあるからです^^;

というのは、この間、社内の知財部の人とお話をする機会があったんです。

そしたら、現在は知財部には人がいっぱいいて、当分新しい人を採る予定はないということ。

さらには、知財部への異動を希望している人は結構いるらしいとのこと。

自分が知っている人も何人かいました^^;

やっぱり、当然ながら弁理士試験の勉強をしているそうです^^;

研究所で仕事をしていて、研究以外の仕事・・・と思うと、やっぱり知財部への異動を希望する人が多いということなんでしょうね。。。

どうやら、現段階では知財部への異動は難しいということ。

さらに、競争が非常に激しいということ。

また、知財部の人と実際にお話をしてわかったのですが、社内の知財部で仕事をする限り、弁理士の資格はそんなに必要ないということ。

もちろん、あったほうがいいのでしょうが、ないからダメという訳でもないし、あったから仕事ができるという訳でもないそうです。

(・・・なんか、この言い方が“博士号”と同じかんじですね^^;;)

実際、知財部の上司の方も弁理士の資格は持っていないそうです。

弁理士の資格があるから出世するとか、そういうわけでもなさそうです。
(自分は出世というよりスペシャリスト希望ですけど)


・・・そんなこんなで、弁理士試験へのモチベーションが下がっております^^;;

とはいうものの、弁理士試験に合格していれば、合格していない人よりは知財部への異動の希望が通りやすくなる可能性もあるわけで。。。

ということで、弁理士試験の勉強は続けていこうと思いますが、ちょっとペースは落としていこうかなと思っています。

・・・って、最初からペース遅いじゃんというツッコミが聞こえてきますけど^^;;

そんな感じなので、ブログの更新がゆっくりになるとは思いますが、引き続き、このブログは書いていこうと思うので、たまに遊びに来てください。

コメント、アドバイスなど大歓迎です^^



     





↑期間限定のキャンペーンを実施中です!









ブランディア 口コミ


↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくれたらうれしいです^^;   にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2



[ 2010/12/25 00:38 ] 勉強の進捗 | TB(0) | CM(2)
駆出的新人知財マンより
さぼてんサン・・ちょっとご無沙汰となりました。

久しぶりに拝見させて頂きました。さてさて、いろいろと御社における諸事情があるようですが、まーサラリーマンをしている限り、極論的には異動というのは、自身が関与できない事項なのですよね、、。私も、いろいろ悩んでいたこともあります。

さて、資格試験についてのペースを落とされるとのことですが、、これについて、自身に合ったペースでするというものであるわけですから、良いと思いますよ。私も、なにげに10年でしたからね、、私の場合は、ちょっと長すぎましたが・・・。

ちなみに、弊社でも知財部のメンバーが、資格試験の勉強をしているかというと、ほとんどしていないですね。もともと知財部に新卒で配属された者達は、どうも資格に興味がないようですね。中途採用で入られた方は、半分以上、資格を有していましたが。

日々の知財業務では、資格試験ほどの法知識を必要とせず、また、不明な事項は、特許事務所さんに聞くということをしているからですね。ただし、逆に資格試験では出ない知識、例えば外国特許法についての知識や、発明の対処となる技術知識は、それなりに必要とします。

ということで、いろいろもやもやされているのではと、おこがましくも危惧いたしますが、、現在の研究業務をより深め、その上で月に数件の出願を行うという知財業務に関し、自己目標を立てられるのは、どうしょう? 

また、知財部にて最も必要とされるスキルは、研究開発業務から発明を抽出するというものです。
これは狭義には、個々の研究開発より、新規技術を的確に抽出するもので、広義には、研究開発の構想・狙いより、どのような特許戦略をたてるか、例えば、課題と解決手段の層別に展開したマトリックス表等を作成し網羅的な出願をするとか、メインコンペチタの開発方向性をも予測し、周辺特許の検討を行うなどのものです。

日々の出願業務に併せて、これら発明抽出の活動を展開するなどしていくというのもおもしろいと思います。いわいるリエゾン活動というのですけどね。

ということで、日々勉強、、お互いがんばりましょう(ちなみに、私は、現在、外国の特許制度を勉強中)、、では・また。
[ 2010/12/29 20:11 ] [ 編集 ]
>駆出的新人知財マンさん

返事がとても遅れました^^;;;

すみません、コメントされていたことに気づかず、そのままブログの更新をしていなかったもので・・・^^;;

いろいろとアドバイスをありがとうございます。

半年もたってしまったのですが、また少しずつ勉強を再開させていこうかなと思っています。

[ 2011/05/18 22:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

さぼてん

Author:さぼてん
20代会社員。
一応、R&D部門で働くなんちゃって(?)研究員です。

2010年4月より弁理士試験に挑戦するべく勉強を開始しました。

同じく弁理士試験の受験生の方、弁理士の方と気軽にコミュニケーションをとれたら良いなと思います。

リンクフリーです。
相互リンク、コメント大歓迎です^^

おすすめ
拍手ランキング
アクセスランキング


アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。